<   2005年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧

お弁当のこと

勤務先のナーサリーでは、30分のお昼休憩を交代でとる。
建物の中にカフェがあるので、そこでお昼を買うこともできるけれど
ほとんどいつもランチ持参で行く。

勤め始めたばかりの頃は、他のスタッフの食べているものを見て同じようにサンドイッチ、
りんご、紅茶とかで済ませていた。

最初は、具をツナコーンにしたりゆで卵にしたりチーズにしたりと趣向を凝らしていたけど、
だんだんと朝わざわざ作るのが面倒になってきて、マーガリン塗ってハムはさんでおしまいの
イギリススタイルになってきた。

でもそんな手抜きじゃ全然美味しくないし、なんか食べた気がしない。

そこで次に始めたのが、夕飯の残りを持っていくこと。これだと朝、超らくちん!
日本みたいに小分けになったお弁当箱とかないから、タッパーに入れていく。

最初は大人しくパスタ、サラダとかの洋風に留めておいたけど、徐々にテリトリーを広げて
カレー、お好み焼き、チャーハンへ・・・。焼きうどんに、はし持参とかも。

そして今日は元祖に戻って、おにぎり&お味噌汁!
                             (インスタントをマグカップに入れて)

フレンドリーな同僚は「何食べてるの??」と毎回、興味津々で聞いてくる。
中華料理がポピュラーなイギリスだから、そんなに違和感はないみたい。

タッパーにどかんと入っているだけの、こんな大雑把なお弁当でも
「今日も美味しそうだねぇ」と言ってもらえるから、なんか得した気分。

日本の幼稚園ママのお弁当なんか見たら、みんなビックリするだろうなぁ・・・。
[PR]
by bristolian | 2005-08-30 06:40 | Work

今日のおいしいもの

e0019931_6425541.jpg朝・・・タイのクレープ

超かんたんでおいし~い!
普通にクレープを作る要領で、牛乳の代わりにココナッツミルクを使うだけでエキゾチックなアジアンデザート味になる。
バナナがちょっとしかなくて残念だった。

e0019931_6486100.jpg


夜・・・素食ごはん

おととい行ったロンドンの日本
食材店での買い物を生かして、久々の和食!
献立は、いりおから、おくらとトマトの和え物、雑穀ごはん、中華風みそスープ。
「おから」日本だったらわざわざ買って食べないけど、こっちで
初めてみつけて感動してつい購入。
やさしくて懐かしい味がしたよ。
トマトはお友達のお兄さんの庭で採れたものを頂いた。新鮮でトマトの味がしっかりしておいしかった~。お母さんが送ってくれた雑穀ごはんの素も土鍋で美味しく炊けたし大満足!
やっぱり日本人は和食だよね。 

おいしいものを食べて幸せな一日。
[PR]
by bristolian | 2005-08-29 06:39 | Food

ファーマーになった日

今日は祝日!

お天気よし&予定なしなので、モーリンに行ってきた。
モーリンとは船の停泊場のことで、川沿いに電気、水道のコネクションがあって
ちょっとオートキャンピング場のようなイメージ。

モーリンには短期貸しと住宅用があって、住宅用のモーリンはかなり希少価値になってきる。
私たちは、幸運にもボートハウスの計画をし始めた頃、すぐに今のモーリンがみつかり、
それ以来場所をキープするために毎月の使用料を納めている。

白いボートの横が私たちのスペース
e0019931_634460.jpg

すでに20隻くらいのボートハウスで人々が生活しているここでは、人によってボートその周辺をすごくきれいに飾っている人と、そうでない人がいる。
私たちのスペースに以前いた人は残念ながら後者・・・。

そんなわけで、船の横の部分は雑草ボーボーで自然そのものだった。
せっかく住むんだから、きれいに庭みたいにして、BBQしたり野菜育てたりしたい!
と思って始めた庭仕事、今日が3回目。
e0019931_641990.jpgかまで雑草をどんどん切り倒し、くわで集めて・・・を延々と繰り返す。
すごい農場の人になった気分。
土自体は柔らかくていいんだけど、根がすごいはってて、引っかかってなかなか思いどおり
に進まない。自然のパワーを思い知る。午後ずっと働いて、やっと雑草はなくなってきた。
達成感はあるけど、とりあえず
すごい疲れた!!

今度来たときは、斜めになってる土地を頑張って平らにする作業がある。
まだまだ先はなが~い!
[PR]
by bristolian | 2005-08-29 05:51 | Boat house

車買ったよ~!

路上で、さびしそうに停まっているミニを横目に、新しい車を買ってしまった。
ごめんね、ミニ。

e0019931_2053525.jpgしかも、先日のギアボックス購入に勢いづいて、大胆にもネットオークションのe bayで!
でも今日実物を見たら、ちゃんと気に入るものだったから、ほっと安心。
e bay ほんと使えるね~。

今度の車は念願のパワステだし、集中ロックもついてる!窓も自動だよ~

6年落ちだけど、クリーニングに出したら新車のようにピカピカになって帰ってきた。
中古車だらけのイギリスの街中だと、ぴかぴかすぎて目立っちゃうね~(ちょっと得意気)


e0019931_2062929.jpg

代わって、こちらミニ。
修理のためのギアボックスは、昨日はるばるロンドンまでバンをレンタルして取りに行ってきた。売り主さんは、ダイハツ車の下部とミニのボディを合体させて四駆ミニを作るから、このエンジン&ギアボックスは不要になったとのこと。夢があっていいねぇ。
ミニはまるで大人のおもちゃだと思う。
ミニミーティングに行ってアクセサリーを揃えたり、ミニの運転手同士すれ違うと挨拶したりと、ミニならではの楽しみもあるし、なんといってもかわいい。
でもやっぱりクラシックカーの域だから、あちこち悪くなって常にお金がかかる。
いつかお金持ちになったらまたミニ買いたいけどなぁ。
そんなわけで泣く泣く手放すことに。。。

でも大丈夫!
今度のオーナーはポールくんだから。
ポールくん、私のミニちゃんとかわいがってね~!
[PR]
by bristolian | 2005-08-28 19:09 | Daily life

悪夢のバス通勤

今日、またまた仕事に遅刻しちゃった・・・。20分も!
というのも、バスが全然来ないんだよ~。

前にも書いたとおり、10分おきにきますと宣伝しておきながら、今朝は25分待った。
そんなわけで、いつもと同じ時間に家を出ても、2分後位にすぐ来るとき、来ないとき、
その日によってまちまちで、よめないんだよね。最近は結構いい調子だったのに・・・。

実を言うと去年の8月末仕事を始めて、車を買うまでの2ヶ月間になんと6回遅刻した
経験あり。日本だったら、そっこうクビだよね。
一回なんて、バスの運転手が工事中の所を迂回したら道に迷って、バスから降りて近所の人に道を聞いて、バックで戻るって言うネタみたいなこともあった。
そして、遅刻・・・。

私のボスは人柄か、イギリス人気質なのか、遅れてすいませんって言うと「バスでしょ~
しょうがないわよ。あなたが悪いんじゃないから」と言ってくれる。
日本なら「バスが遅れることも見越して・・・」と言われそうだけど。

でもやっぱり遅刻した朝は気分が悪い・・。
早く車が欲しいよ~!!
[PR]
by bristolian | 2005-08-24 07:11 | Work

おうちご飯

今日の夜ごはんはタイのグリーンカレー!

8年前に初めてタイに行った時から、タイ料理の美味しさに目覚め、特にココナッツを使った
料理は最高!パクチーとかコリアンダーと呼ばれる香草が苦手という人も多いけど、あれがないとタイ料理じゃない!つい最近までは、鉢植えで育てて、がんがん料理に使っていた。

つけあわせの大根サラダも、日本のマヨネーズ、醤油、刻み海苔でおいしさUP!

近所に中華スーパー、韓国スーパーがあるから、大抵のオリエンタル食材は手に入るし、
何と言っても、その国の人が日常使ってるのと同じ食材を使えるのがいい。

ここ数年、人々の食への関心が高まってきている(やっと!)イギリスでは、オリエンタル
スーパーに限らす普通のスーパーでも結構インターナショナルな食材を置いていたりする。
日本の場合だと、やきそばの麺、しょうゆ、みりん、すし関連のものとか。
でもイギリス製なのか、パッケージが微妙に怪しくって、ほとんど買ったことない。
一回、英語で「KIKKOMAN」と書いてある醤油買ったらなんかまずかったし・・・。

イギリスにいる間に、いろんな珍しいヨーロッパ料理にも挑戦してみたいけど、今のところ
買い物にいくと、超短時間でいつも同じ、知ってるものしか買ってない。

やっぱり口に合うのは、アジアン料理なんだよね~。
[PR]
by bristolian | 2005-08-23 03:56 | Daily life

ボートハウスの近況

私たちのボートを作っているのは、ブリストルから車で3時間のマンチェスターの会社。
ちょくちょく行ける距離でもないから、連絡はほとんど電話、ファックス、郵便。

先週は、底の部分のプレートが工場に入ってきたというお知らせと、外見のデザインの
最終確認のファックスがあった。
とりあえずイギリスだから仕事は遅い・・。10月の完成に本当に間に合うのかなぁ。
あんまり期待してないけど。

ボートの色は悩んだ末に、紺色のボディにゴールドの窓枠という組み合わせに決定。
窓のサイズ、形、配置も何回も紙に書いては書き直して、なんとか落ち着いた。
e0019931_5215950.jpg
近いうちには、水道、コンセント、照明、スイッチ、ヒーターの位置を決めないといけない。
箱状態のボートの中に、生活に必要なそれぞれのものを配置していくのは、可能性が無限大な分、結構難しいことに気づいた。
しかもボート会社は、方眼紙みたいなのを送ってくるだけで、とりあえず自分たちでやってね、という姿勢。

パソコンの3Dで見れるとかだったらいいけど、頭のなかでイメージして、唯一手製のモデルに頼って色々決めていくのは、至難の業だぁ・・・。

そして、日曜日にはポールの友達の家具職人サムと、ボートの内装について打ち合わせ
をした。作ってもらう予定なのは、階段、ドア、服とかしまうワードローブ、洗面台など。
前の仕事で余った木材が結構残ってるから、それ使おうか!と言ってくれてラッキー!!

本当は何でも自分たちでやりたいんだけど、数年後に売るときのことを考えると、素人手作りまるだしの船じゃちょっと・・・ね。

こだわりだすと本当にきりがなくって、家具を全部曲面にしたい!とかお風呂でも音楽きけるようにしよう!とか希望だけは色々でてくる。
今はこだわり vs コスト の兼ね合いが頭の痛いところ。

日本で家を建てるときも、こんな風にみんな試行錯誤しているのかな?
でも、誰だって一生のうちあるかないかの機会だったら、こだわってベストなもの
作りたいもんね。
[PR]
by bristolian | 2005-08-21 01:25 | Boat house

ミニ復活?!

私の愛車、1989年式MINIが壊れたのは、約1ヶ月前のこと。

ある日突然オートマなのにセカンドからサードへ変わらなくなって、バックできなくなった!

修理場のお兄さん曰く、「ギアボックスがいかれちゃったね~。直すと18万位かかるよ」

そ、そんなぁ・・・。
ついこの間、車検のために7万くらい使ったばっかりなのに・・。

そんな訳で、どうしようどうしようと思いながら、ずっと地道にバス通勤してきた。
日本だったらバス通勤でも全然OKだけど、ここブリストルのバスサービスは本当にやばい。
10分おきに来ます!とでかでかと宣伝しておきながら、時間通りに来た例がない。
ひどい時なんて、雨の中45分待たされた挙句、バス3台連続して来たり・・。

でも、先日そんな私に朗報が!!
ポール父の知り合いが、元メカニックで安く直してくれるらしい。
しかし、肝心のギアボックスは自分で調達とのこと。

それからというもの中古でもいいので安いギアボックス探しが始まった。
インターネットオークションでミニのパーツをほぼ毎日チェックする。
が、オートマのギアボックスは珍しいからなかなか出てこない。

もう半分諦め気分で、昨日久々にオークションをチェックしたら、なんと一つ売りに出ているのを発見!しかも15時間後に終了で、入札者なし!

そして今日、最低価格のの4000円で無事落札しました~!
やった~!!

まだ、ちゃんと直るのかは不明だけど、ミニ復活に一歩近づいた感じ!
[PR]
by bristolian | 2005-08-19 02:58 | Daily life

楽しいバルーンフェスティバル!

毎年8月恒例の、バルーンフェスティバルの季節がやってきた!

木曜から日曜にかけて、近所のアシュトンコートというすごく広い公園で、企業の宣伝を兼ねたバルーン(気球)がなんと300個くらい揚がる。この規模はヨーロッパ一らしい。
地元ブリストルやるなぁ。

普通にバルーンが空に揚がっていく他に、土曜の夜は音楽に合わせてバルーンに灯がともる
ちょっとしたショーが行われた。去年も行ったけど、これすごい良かったんだよね~。

今年は、今まで行きたかったけど一度も行ったことがないというポール母を誘って、3人で
出かけた。

天気はあいにくの曇り&強風!9時からのショーの予定がなかなか始まらず、
「只今様子をみております。天候によっては中止になります。」のアナウンスに
気がやきもき!

でも9時を30分くらい過ぎた頃、雲の隙間から星が見え初めて絶好のタイミングが
やってきた。風もおとなしくなった。

そして、突然・・・
e0019931_6335564.jpg

ボォーという音とともにショーが始まった!
クラシックミュージックに始まって、サタデーナイトフィーバー!!
ノリノリの音楽に合わせてバルーンの灯がついたり消えたりして、まるで踊ってるみたい。
まわりの人も歌を口ずさんだり、子どもを肩車したまま踊り始めたり・・・。
なんとも言えないハッピーな一体感に包まれる。しかも今年は、突然クリスマスソングが
始まったかと思うと人工雪の演出まであり!人々の頭上に季節外れの雪が舞い落ちる。
(これも地元の人工雪の会社が協賛していたため)

そして、フィナーレは花火。
思うのは日本の夏。心の中で「たまや~」と叫ぶ。
バーン!バーン!と暗闇に光が広がる。
「火の花」と書いて花火とは昔の人も上手く名づけたものだなぁ・・としみじみ。

そんなことを思っている間に花火も終盤に入り、みんなの大拍手の中今年のショー
は幕を閉じた。

余韻に浸っていると、アナウンサーが
「以上で終わります・・・と言いたいところですがみなさんに更にお知らせがもう一つ!
このロマンチックな花火の間にスタッフのOOくんがOOさんにプロポーズしました!
そして、OOさんの返事は・・・イエスでした~!!」
観客ワ~!!と拍手のおまけつき。

楽しい楽しいバルーンフェスティバルでした。
[PR]
by bristolian | 2005-08-17 07:25 | Daily life

夏のイギリスの困りもの

イギリスの夏は、日本みたいに汗がでるほど暑くはない。
最近はずっと半袖で過ごしているけど、日陰に入るとちょっと肌寒かったりする。

そんな過ごしやすい夏のイギリスだけど、ただ一つとっても困ったことがある。
それは、「プリックリーヒート」という皮膚炎の一種。

イギリスの日差しは、どうやら日本のそれとは違うらしい。
お天気のいい日に一日、いやナーサリーの外遊びの間ガーデンににいるだけで、
腕やら首周りやらぶつぶつ赤く炎症を起こしてとっても痒くなる。

お風呂あがりに保湿のローションをぬっているけど、ぶつぶつはなかなかなくならず
だんだん乾燥してみずぼうそうの痕みたいになってきた。

もちろん、いつも欠かさず日焼け止めを塗れば防げるんだろうけど、これくらいの
天気なら大丈夫かなぁって油断した時に限って、こういうことになる。

日本にいた時、日焼けで痛い目にあったことはほとんどないだけに、最初の頃は
「え~!この湿疹なに?!」と思っていたけど、周りのイギリス人に聞いてみると、
結構みんな同じように困っているみたい。
でも、ナーサリーのスタッフの一人が「今まで40年間生きてきて、こんなのできたの
今年が初めてだわ!!」って言ってるのをきいた時には

これも地球温暖化のひとつ?オゾン層が薄くなってきてるってこと??

と、突然怖くなった・・・。
[PR]
by bristolian | 2005-08-15 06:07 | Daily life